放射線治療の価格

3人の看護婦さん

放射線治療の価格を調べる

放射線治療とは、がんの三大治療法の一つで、他に外科的手術と、抗がん剤による化学療法があります。この放射線治療に必要な価格は、一般的な治療を30回行ったとすると、保険適用で10〜15万円程度です。他の手術や抗がん剤による治療より、低価格なのです。脳腫瘍のための放射線治療として、ガンマナイフという方法があります。脳の外部から、正確に病巣に照射する方法で、これも同程度の費用と数日の入院費ですみます。ただし、保険適用でない治療を受けると、高くなります。例えば、副作用が少ないといわれている重粒子線治療や、陽子線治療は、保険適用外なので、300万円前後かかります。しかし、このような高価な先進医療もカバーする医療保険に入っていれば、その治療費の全額または一部が保険でまかなえます。

放射線治療は、がんの治療の中では、手術とともに、根治が可能な治療法です。そして、手術のように侵襲的な方法でないので、組織や器官の機能が維持されます。昔は、放射線によって正常な細胞もダメージを与えてしまう治療でした。しかし、最新の放射線治療では、1ミリ以内の誤差で正確にがんの病巣にのみ照射し、正常な細胞には極力照射しない技術が確立してきています。放射線治療の副作用は、この正常な細胞への照射で起こるので、昔より格段に副作用は少なくなっているのです。副作用の出やすい部位は、毛根細胞などの細胞分裂がさかんな場所で、この部位に照射すると、脱毛などが起こります。しかし、抗がん剤の全身的な副作用と異なり、照射した部位のみの副作用となります。